善玉菌である乳酸菌を増やすことができるサプリメント善玉菌のチカラ

善玉菌である乳酸菌を増やすことができるサプリメント善玉菌のチカラ

善玉菌である乳酸菌を増やすことができるサプリメント善玉菌のチカラ

○そもそも善玉菌って何?
善玉菌とは、腸内細菌の内、腸の健康を整える細菌をいいます。

 

 

○善玉菌が足りないと……
腸内には善玉菌と悪玉菌がいます。 善玉菌が不足するという事は悪玉菌が増えるという事。
すると以下のような悪影響があります。
・便秘or下痢
・ガスが溜まる
・肌が荒れる
・花粉症
・大腸がんリスクの増加

 

善玉菌を増やす事は悪玉菌を減らす事につながり、これらの悪影響を解消できるのです。

 

○善玉菌を増やす『善玉菌のチカラ』
「フジッコ」さんから発売されている乳酸菌サプリメント『善玉菌のチカラ』。
フジッコさんは以前からカスピ海ヨーグルトを販売していました。
この『善玉菌のチカラ』は善玉菌である乳酸菌を効率的に増やす事の出来るサプリメントです。

 

 

この『善玉菌のチカラの』特徴は、なんといっても乳酸菌を効率的に身体に取り込める点です。
カスピ海ヨーグルトは100歳以上の長寿が多いとされるコーカサス地方で常食されているヨーグルト。
一般的に乳酸菌は胃酸に弱く、大腸に届くまでにほとんどのものが死んでしまいます。
しかし、カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌クレモリス菌FC株は胃酸に強く、生きたまま大腸に届きます。

 

カスピ海ヨーグルトは作るのに手間がかかります。
そこで毎日飽きずに続けることのできるように、サプリメントという形で作られました。

 

 

『善玉菌のチカラ』はお通じを改善してくれる機能性表示食品でがあるのが嬉しい所です。

 

カスピ海ヨーグルトには独特な粘りがあります。
この粘りはクレモリス菌FC株によって作られたEPSという成分によるものです。
これは大腸内の不要なものをからみ取り、便として排出されるからです。

 

 

『善玉菌のチカラ』は、簡単に乳酸菌を摂れて、健康的な腸内環境を維持出来る、素晴らしいサプリメントです。

 

 

善玉菌と悪玉菌について知ろう!

私たちの体の中にはいろいろな種類の菌が多数存在しているそうです。
菌というと「虫歯菌」のような悪さをするものから、「乳酸菌」といういいイメージのある菌までさまざまなものがあるかと思います。
なかでも腸に生息している善玉菌や悪玉菌と呼ばれるものは、私たちの腸内の健康維持に非常に関係しています。
その善玉菌と悪玉菌について説明していきたいと思います。

 

「善玉菌」はいい菌で「悪玉菌」はわるい菌?

人の小腸から大腸にかけて存在している菌を腸内細菌とよびます。
私たちが持っている腸内細菌は1000兆を超え、重さでいうと1キロほどにもなるそうです。
これらの菌をその性質により大きく3つに分けることができます。
それが「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」というものです。
善玉菌は主に私たちの健康を維持する働きをしています。
便通をよくしたり免疫を活発にするなどとても貢献してくれています。
そして腸内の環境が良くないときに多く見られるのが悪玉菌です。
悪玉菌はさまざまな有害物質を作り出してしまうのです。
そして日和見菌はふだんは問題を起こさないのですが、体が疲れていたり免疫力が低下しているときに悪さをすることがあります。
悪玉菌は必ずしも悪い存在になるとは限りません。
彼らはたんぱく質を分解して栄養を吸収する働きをしてくれます。
また、悪玉菌が存在するからこそ善玉菌が私たちにとっていい効果を発揮してくれるともいわれています。
善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、そして悪玉菌が増えれば善玉菌が減るという相対関係にあります。
そしてこの善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスがしっかりとれている状態こそが、私たち人間にとって望ましい環境なのです。

 

どうして悪玉菌は増えるの?「肉中心の食生活」に注意

悪玉菌が増える原因として、肉類の多量摂取があります。
悪玉菌は肉のたんぱく質、アミノ酸を分解してそこから体に害のある物質を作り出しています。
また、加齢により善玉菌が減少してしまうため、悪玉菌が増えやすくなることもあります。
ほかには食物繊維の不足もあります。
食物繊維は腸内の不要なものを取り除き、善玉菌をサポートする力があります。
なのでこの食物繊維が不足してしまうと、悪玉菌が増えてしまうのです。
また、食物繊維は摂りすぎても悪玉菌を増やしてしまうといわれています。
生野菜などの食物繊維をたくさん含むものや玄米を一気に食べたからといって、悪玉菌が減るとは限りません。
むしろ消化不良によって悪玉菌を増やしてしまうことがあるのです。
なので生の野菜ではなく、これらを加熱処理して食べるようにしましょう。
そうすると体の中で消化・吸収しやすくなり、悪玉菌の増殖を抑えることができます。
「野菜をひたすら食べれば体にいい」と思いがちなのは、食の欧米化によって生野菜を食べる機会が増えたことが原因かもしれません。
日本人はもともと汁物や煮物などから野菜を摂っていました。
今一度そのような食生活を見直す機会が必要かもしれません。
悪玉菌が増えると体臭や口臭がくさくなったり、肌荒れを引き起こしてしまいます。
健康だけでなく周囲の方へのエチケットとしても、悪玉菌を抑えたいです。
年齢を重ねれば善玉菌は減りやすくなってしまいます。
悪玉菌を増やさないためにも、食生活を肉中心ではなく野菜や発酵食品なども摂りいれバランスよく食べるようにし、食物繊維も積極的に摂りいれることが大切になります。

 

悪玉菌を増やしすぎないために

悪玉菌が増えすぎると大腸がんのリスクが上がったり、太りやすくなったり、体臭や口臭が気になるようになります。
悪玉菌を増やさないためには、善玉菌を増やす必要があり、これは日々の習慣にすることが大切です。
善玉菌は発酵食品を食べたり、オリゴ糖を摂ったり、適度に運動をすることで増やすことができます。
悪玉菌は私たちにとって必要な菌であり、完全な悪ではけっしてありません。
しかしやはりバランスの良い腸内環境、バランスの良い食事を大切にしていきたいです。

 

 

トップへ戻る