乳酸菌の確かな効果を実感

乳酸菌が含まれている食品で代表的なのは、ヨーグルトと答える人は多いのではないでしょうか。

 

それはもちろんですが、近年、乳製品以外の植物性の乳酸菌もたくさん知られてきました。

 

例えば、納豆、味噌などの発酵食品、はたまたお米にも乳酸菌が含まれているということを耳にします。

 

またその効果は、便秘や食中毒を防ぐだけではなく、身体の様々な個所で効果的な働きをしていることも知りました。

 

私が乳酸菌について詳しく知りたいと思ったきっかけは、妊娠したことでした。その後出産し子育てしていく中で、乳酸菌の効果をさらに実感することになりました。

 

歯科検診に行ったとき、虫歯予防について保健婦さんを通じて、食後の無糖ヨーグルトが良いことを知りました。

 

カルシウムによって歯を強くするだけでなく、乳酸菌が口の中の善玉菌を増やして虫歯になりにくくするようです。

 

以来、私も子供も毎日の歯磨きやフッ素に加えて乳酸菌を積極的に取り入れていますが、子供は高校生になった今でも、虫歯になったことはありません。

 

これからも続けていこうと思います

 

栄養のバランスまで考慮した食事は、生活習慣病予防のベースになるものですが、厳しいという人は、可能な限り外食とか加工された品目を控えるようにしましょう。

小さな子の成人病が毎年毎年増加する一方で、これらの病気の原因が年齢のみにあるのではなく、普段の生活の色んな部分に潜んでいるというわけで、『生活習慣病』と称されるようになったのだそうです。

健康食品というのは、性質上「食品」であって、健康に対して補完的な役目を担うものです。従って、それさえ服用していれば、これまで以上に健康になれるというのではなく、健康維持が望める程度のものだと考えた方が良いと思います。

青汁につきましては、以前から健康飲料だとして、中高年を中心に愛され続けてきた健康食品のひとつだと言えます。青汁と耳にすれば、元気いっぱいの印象を持たれる人も多いと思われます。

アミノ酸については、人の体の組織を作り上げる際にどうしても必要な物質であって、大部分が細胞内にて合成されるとのことです。この諸々のアミノ酸が、黒酢には豊富に入っているのです。

トップへ戻る